2019年6月28日(金)〜29日(土) 海峡メッセ下関 会長 伊東 克能(山口大学大学院医学系研究科 放射線医学講座)

ご挨拶

 第34回日本腹部放射線学会を2020年6月19日(金)と20日(土)の両日、福岡県福岡市博多駅ビル内 JR博多ホールで開催させて頂きます。通常は東日本、西日本交代で開催することになっているのですが、今回は東京オリンピックのため第33回に引き続き2回連続で西日本(しかも下関と福岡というご近所)での開催になります。
 福岡は様々な学会が開催される都市で皆様も既に何度も来られたことが多いと思います。福岡の何をアピールしようか、今さらラーメン、屋台、明太子、etc でも無し、と悩んでいたところ医局の秘書さんからのアイデアで、今回のポスターが決まりました。一部のマニアックなファン(∋秘書さん)の間では極めて有名な(らしいです)、某アイドルグループがテレビCMに使用した宮地嶽神社の「光の道」を神社の許可を得てポスターにしています。奇しくも同グループが2020年で活動停止するということもあり、模して私と医局長、新入医局員3名の計5人でポスターに映り込んでしまっています(ファンの皆様、申し訳ありません。影だけですのでご容赦下さい)。このように、ポスターは若干軽いノリで作ってしまいましたが、中身は例年通りまじめにキッチリとやるつもりです。一例一例を大切にdiscussionし、明日からの診療に役立てられる会にしたいと考えています。今回会場は交通の便の良い博多駅ビルですので、学会が終わった後、十分に福岡の町を楽しんで頂けるものと思います。是非多数の方に参加して頂きたく、お願い申し上げます。

第34回日本腹部放射線学会
会 長 吉満 研吾
福岡大学医学部放射線医学教室